ニキビ肌への予防方法について

ニキビ肌は一度できてしまうとなかなか治らないこともあり、跡もできやすいので、できてしまった後もできる前の予防もケアをすることが大切です。

思春期ニキビも大人ニキビも基本的にケアの内容は同じです。では一体何をすれば、ニキビを対策することが出来るのでしょうか。

1、洗顔をきちんと行う

ニキビができる原因は、毛穴に皮脂が詰まってアクネ菌が発生して、炎症がおこることが起こることが始まりです。ですから、まず毛穴の汚れを取ることが、ニキビの予防には必須です。

ニキビがある肌はダメージがあるので擦ってもならないです。泡で顔全体を包み込むように洗い流しましょう。細かい泡は汚れを吸着しやすく汚れが落ちやすいです。

そして、洗顔を行った後は保湿が必要です。肌は乾燥していても、自ら潤うように余分な皮脂を出してしまうのです。

洗顔の後は潤いが足りませんから、しっかり保湿をするようにします。この時に乳液のつけすぎはまた皮脂がでる原因になりますから、化粧水中心に保湿をします。

2、日頃のケアを行う

ニキビというものは、毛穴が詰まることでできやすいですが、普段も毛穴のなかに汚れが入り込まないよう、注意することが必要です。顔を髪で覆っていたり、襟が頬に触れていたりなどしない方が良いです。

髪は顔に触れないように結んでおいて、服は顔に触れない服が好ましいです。髪や襟が周囲の汚れを吸着して肌に触れることで、毛穴に汚れが入る原因となってしまいます。

普段肌に触れるバスタオルや枕カバーも毎日変えたほうが良いです。知らない間に雑菌で溜まっていきます。肌に直接触れるものはよく注意する必要があります。

3、身体の中から治す

過剰な皮脂を抑えるビタミンB、美白効果があるビタミンCはニキビケアにはぴったりです。皮膚科でも処方されることが多いです。ドラックストアで安価で買うこともできますので、足りない栄養素を体に入れてニキビケアに勤めましょう。

即効性があるドリンクタイプもオススメで、どうしても早く治したいときは飲んでみるのも良いです。

女性ならホルモンバランスの変化によってニキビができる場合があります。婦人科に行って相談してみて漢方や薬を飲むとホルモンバランスによって変化するニキビは緩和されることも多いです。

この方法はできる前もできた後にも活用できるニキビケアの予防方法です。もちろんこれを毎日繰り返していくと、ニキビができにくい肌にやがて近づいていきます。

気になって触ってしまうのは厳禁ですので、ニキビはできたら「いずれ治る」と考え直すことも必要です。

顔に赤い炎症があると、鏡を見ると毎日気持ちが下がります。自分に合ったケア方法を見つけて治していけるといいですね。

一度きれいな肌を取り戻すと、肌も正常なターンに戻っていきますので、繰り返しケアを忘れないですることも大切です。

肌のケアは毎日のことなので、あきらめないで続けていれば必ず治ってくる時が近づきます。